「やっぱり・もっと・食べたい・わたし」 『カップ ヌードル ナイス』の巻

カップ麺1.jpg



「健康的なダイエットを!」と謳って(うたって)いたはずのこの「簡単 ! 栄養 and カロリー計算」が、なにゆえ『カップヌードル』!?


す、すみません、色々ありまして・・・。


「色々とはなんだーーっっ!?」 

というと、実は・・・警視庁が・・・・・・、


あ、いえ、別にそういう意味ではなくて、ここ東京では警視庁が、「広報けいしちょう」という計4ページほどの広報紙を年に数回、発行していらっしゃるのでございます、はい。


で、たまたま・・・ではなくて東京都民当然の行動として、拝見させて頂きましたところ、その紙面の一角に、とある記事が。



カップ麺は水でも旨い!!



いえ、あの・・・、はっきりそう書いてあったわけではなく、赤い文字でも大文字でもなかったのですが、ともかく私は目が釘付けに。


2018年、夏でした。

しっかり切り抜きました。

都民多しといえども、この「広報けいしちょう」をちゃんと読み、切り抜きまでしてしまうやつは、絶対、超・珍しーーっっ !! ・・・・・・(すみませんっ、警視庁の皆様っ、ごめんなさいっ <(_ _)> )・・・と思います。


記事の元々は、「災害の発生情報や防災に役立つ知識などを発信」している「災害対策課」のツイートで、この「カップ麺・ツイート」には反響が大きかったことから紙面にも掲載、となったそうです。

レシピ(?)は以下の通り。



麺に味がついたカップ麺を用意し、水を注いで15分。」         

(「広報けいしちょう」より)



もう反射的に、ものすごーく試してみたくなりました。

今夜のメインディッシュはこれだっ、とすら思いました。


で、「麺に味がついたカップ麺」とは何か。

よーく写真を見ると、どうやらこれは『カップヌードル』とか『カップスター』とか『マルちゃんの・・・』とかスーパーのPBのとか・・・、言ってしまえば「『カップヌードル』系の麺」です。


えーーっ、『カップヌードル』ーーッ !?!

(とか『カップスター』とか『マルちゃんの・・・』とかスーパーのPBのとか・・・)!?!



(※商品名が不明ですので、この〈『カップスター』とか『マルちゃんの・・・』とかスーパーのPBのとか・・・〉という詳細表示をその都度付加するべきではあるのですが、諸般の事情により、以降、一番有名な『カップヌードル』一本槍とさせて頂きます。どうかご了承のほどを)



『カ』、『カップヌードル』と言えば・・・、私にとって、そのイメージは「」!

量が少ないのにカロリーで脂質で糖質で塩分で、「」が好きな方にとってはコスパとはいえ、袋入り麺より値段が絶対く、袋入り麺のように野菜やキノコを入れてみるとか、納豆はどーだっ、とか、魚肉ソーセージはっ(←これだけはお勧めしません)等々、アレンジもしづらく、特にまだ若かったその昔、金欠時の定番料理は袋入り焼きそばで作る「たんまりキャベツの焼きそば入り」でした。


だいいち『カップヌードル』って、そう言えばいつ食べたのか、全く記憶にありません。

食べたことがないのにあーだこーだと偉そうに言ってしまえるあたり、そこはそれ。『カップヌードル』だからこそ。

「太宰ってさー・・・・・・」と、実は読んでいないのに難癖をつける人がいるあの太宰治先生に通じるものがあります。(あります ??)。



・・・というわけで、最早、挫折は必至となっていたその時、これはやはり執念か、私はふと思い出したのです。


『カップヌードル』は確か・・・、カロリーとか糖質とかを抑えた新製品を最近、出したはず・・・。


どこかで読みました。

読んだ時には「別世界」感しかなく、ただ「ふーん」。

「なんか悪あがきっぽくない?」とすら思ったというのに、なんの恥もなく手のひらを返す私。


ググってみると、それは『カップヌードル ナイス』でした。

「ノンフライ麺」で「脂質50%OFF」で「糖質40%OFF」で「カロリー176kcal」。

各数値にはピンと来ないものの、「ノンフライ麺」・・・ !?


ぐっと来ました。

『ノンフライ』ではコクが出ない!」と言う方もいらっしゃいますが、そんなところまで私の思考は、そしてきっと味覚のほうも、及びません。

『ノンフライ』と来れば無条件反射です。


近所へ買いに走りました。

が・・・、ないのです!

どこにも!

『カップヌードル』なのに!


どこにもない『カップヌードル』なんて、『カップヌードル』 としての矜恃はないのかーーーっっっ !!


カップ麺赤.jpg


(赤面する『カップヌードル ナイス』・・・、

なんちゃって)



その夜は、いつものように、いつものネットスーパーで淡々と買い物をし、いつものように、ネットならではのやばいあの誘惑、つまり「送料無料まであともう少しですよ~~」というあの悪魔のお誘いに、いつものように心が揺れておりました。


その画面で、いったいどういうわけなのか、『カップヌードル ナイス』が私を待っていたのです。

でもこのスーパーって、糖質オフとかカロリーオフとかにはちっとも力を入れてくれなくて、ロカボなアイスにだってとっても冷たかったのに。


買いました。

『カップヌードル ナイス クリーミーシーフード』。

2個だったか、3個だったか、送料無料の到達点まで。


かくて私は麺に味がついたカップ麺を用意し、水を注いで15待つ、に至ったのでしたーーっっ ♫♫


初めての『カップヌードル』。それを「水出し」で体験できるなんて、レアなシチュエーションに心が躍ります。


因みに、インスタントの麺類等を食するに当たっては、あともう1品、「備えておけば便利です~」なアイテムがあります。

「穴あきスプーンの大きいの」、若しくは「穴あきレードルの小さいの」、です。

食事の最終段階で使います。

金属製のものよりもナイロン製ものを、口当たりの点から、お勧めいたします。


レードル.jpg

(これは「穴あきレードルの小さいの」ですが、実はそれほど小さくはありません。でも便利ではあります)




さて、食べてみた結果ですが・・・・・・、

おいしゅうございました、はい。

縮れた麺の食感が何とも言えませんし、縮れているので、冷たいスープが適度にほどよく絡みます。


実は、この『カップヌードル ナイス クリーミーシーフード』、本名は『カップヌードル ナイス 濃厚!クリーミーシーフード』。

『濃厚!』が苦手な私は若干の危惧を抱いておりましたが、少なくとも「しつこさ」は感じませんでした。


そして最終段階、大方の麺をクリアーした後、そこでおもむろに「穴あきレードルの小さいの」を手に取ります。

穴に向かって「とぽとぽとぽ」と、カップの残りを注げばOK

最後の数本の麺も沈んでいた具も、スープの塩分を気にすることなく、すべて存分に頂けるのでございます、ごちそうさまでした。幸せ…。


レードル横.jpg

 ところで、とっても便利な、これ 

私は「これ」で、スープやつゆやたれを、いつだって、可能な限り捨てています。 

「環境大臣」的に申しますと、「セクシーだけど『化石賞』」となってしまうかもしれません。これ、木製じゃないし。

(でも「化石賞」って……、1015日は日本では「化石の日」ですし、恐竜化石やシーラカンスって魅力的ですし、何か別の名称にして頂けるとー……って、どーでもいー話ですね、す、すみません)


それはともかく、私は「これ」で、スープやつゆやたれ担当の方々の開発・改良・向上への不断の努力を無視し、様々な環境問題に背を向け、たかが自分事でしかない塩分への恐怖のみに拘泥(こうでい)しきっているのです。つまり、「だって塩分だって怖いし~~」なのです。


塩分摂取の目標量は、成人の場合、男性で1日たったの8g、女性では7g

正確には「食塩相当量で『8gを超えるな!』『7gを超えるな!』」です。(『日本人の食事摂取基準(2015年版)』より)

この値は2020年に「7.5g」と「6.5g」になるらしく、それどころか、この先も……5年ごとに……0.5gずつとか……減らされていく可能性が……ものすごーーくあります。

目指すは5g未満 ……とのことなんですけど、ど~しましょ~~。


この『カップヌードル ナイス 濃厚!クリーミーシーフード』の食塩相当量はどれほどか、と申しますと、2017年が5.6g2018年が4.7g2019年が4.6g


毎年かわっています。が、実はっ、この『カップヌードル ナイス 濃厚!クリーミーシーフード』は2018年の製品で、2019年の34日、『コッテリー』をプラスした『カップヌードル コッテリーナイス 濃厚!クリーミーシーフード』へと、既にリニューアルしていたのです。


……という事実を今頃になって知ったのですが、全然気がつきませんでした。

2018年の夏にも2019年の夏にもしっかり食べていたのに、「水」で。


それどころか、2018年のこの『カップヌードル ナイス 濃厚!クリーミーシーフード』自体が、2017年バージョンのリニューアルなのだそうです。初耳でした。



       カップ麺左.jpgカップ麺中.pngカップ麺右.jpg


左から「2017年度様」、「2018年度様」、「2019年度様」。(実際のサイズは皆様同じです〈多分…〉)

詳しくは、以下の通り。





 

殺し文句…ではなくて売り文句というかお知らせ



熱量

2017410

カップヌードル

ナイス

濃厚! クリーミーシーフード

カップヌードルよりこってり濃厚なのに

罪悪感ないス!

レタス約4個分相当の食物繊維を練り込んだ新開発のノンフライ麺

157g(めん40g)当たり

178kcal

(めん・かやく:137kcal

スープ:41kcal

2018416

カップヌードル

ナイス

濃厚! クリーミーシーフード

こってり濃厚な味わいそのままに、カロリー176kcal

麺がさらにナイス!

新開発のノンフライ麺を採用し、麺のコシと味わいがカップヌードルに

より近づきました。

156g(めん40g)当たり

176kcal

(めん・かやく:137kcal

スープ:39kcal

201934

カップヌードル

コッテリーナイス

濃厚! クリーミーシーフード



こってりなのに、

色々半分!

レタス約4個分相当の食物繊維をたっぷりと練り込み糖質を従来より抑えた新開発のノンフライ麺

156g(めん40g)当たり

176kcal

(めん・かやく:137kcal

スープ:39kcal

カップヌードル

シーフードヌードル

シーフードのうまみとコクがある白濁スープ

油揚げめん

175g(めん60g)当たり

323kcal

(めん・かやく:293kcal

スープ:30kcal

カップヌードル

ソルトオフ

ちゃんとおいしいのに、塩分30%オフ!

油揚げめん

179g(めん65g)当たり

372kcal

(めん・かやく:323kcal

スープ:49kcal

カップヌードル

世界初の

カップ麺。

謎肉増量!

油揚げ麺

178g(めん65g)当たり

351kcal

(めん・かやく:327kcal

スープ:24kcal














 

たんぱく質

脂質

炭水化物

糖質

食物繊維総量

食塩相当量

ビタミンB1

(mg)

ビタミンB2

(mg)

カルシウム


2017410

カップヌードル

ナイス

濃厚! クリーミーシーフード

9.4g

6.3g

 

19.6g

15.4g

5.6g

(めん・かやく

2.0g

スープ:3.6g

0.07

0.16

91mg

2018416

カップヌードル

ナイス

濃厚! クリーミーシーフード

9.2g

6.2g

35.1g

19.3g

15.8g

4.7g

(めん・かやく

1.5g

スープ:3.2g

0.11

0.16

84mg

201934

カップヌードル

コッテリーナイス

濃厚! クリーミーシーフード

9.4g

6.5g

34.8g

18.8g

16.0g

4.6g

(めん・かやく

1.4g

スープ:3.2g

0.11

0.16

84mg

カップヌードル

シーフードヌードル

9.8g

11.2g

45.8g

  

4.8g

(めん・かやく

2.1g

スープ:2.7g

0.94

0.22

95mg

カップヌードル

ソルトオフ

9.3g

16.0g

47.6g

  

3.2g

(めん・かやく

1.4g

スープ:1.8g

0.19

0.32

106mg

カップヌードル

10.5g

14.6g

44.5g

  

5.2g

(めん・かやく

2.6g

スープ:2.6g

0.19

0.32

105mg


以上、『クリーミーシーフード』各バージョンのみの比較です。日清食品のサイト(201912月)とプレスリリース等から転記させて頂きました。2019年現在、『クリーミーシーフード』に加えて『ポークしょうゆ』と『キムチ豚骨』とが発売されています。

「%OFF」の表示は「『カップヌードル』1食当たりに対して」ですので、『カップヌードル』と、ついでに『シーフードヌードル』と、おまけで『ソルトオフ』も。


ーーというわけで、そもそもカップ麺というジャンルに完璧に疎かった私は、初めて『カップヌードル』のサイトを閲覧させて頂きまして、その陣容に、あぜん。

さあ、以下のうち、201912月末時点で、『カップヌードル』ワールドに存在したことのないものはどれでしょーー??(過去に存在したアイテム等も含みます)



レギュラー、ミニ、ライト、あっさり、

リッチ、ビッグ、キング、

ソルトオフ、ナイス、「ビタミン、ミネラル、食物繊維を1食の麺で補うオールイン」、しお、

お椀でたべるカップヌードル、レフィル、保存缶、うどん、そば、そうめん、焼そば、ごはん、おにぎり、汁粉、

専用フォーク、専用タイマー、専用電気ポット、「お椀でたべるカップヌードル」専用お椀、

テイスティング、検定、総選挙、アスレチック、

マグカップ、ストラップ、Tシャツ、ネクタイ、消しゴム、メモ帳、マトリョ-シュカ、



以上、ちょっと見、大ワールドっぽくないのですが、実は、食品の『カップヌードル』には各シリーズごとに味や具等を細かく変えた百花繚乱のバリエーションがあり、それを全部ここに書き込む気力が私にはないのです。すみません。


さて答えは、今のところ、汁粉のみ。

あ、「専用お椀」も。非常にありそうなアイテムなのですが、ありませんでした。


それにしても、もはや「ないものはない」みたいなその陣容に、これはもう「『カップヌードル』検定」の世界、・・・・・・と思ったら、既にありました、「検定」と銘打ってはいませんが、「博士」とか「クイズ」とか「カルトQ」とか。

で、専用のカトラリーを、例えば『カップヌードル』を3つ買ったらプレゼントしてくれる、なんていうのはどうでしょう、・・・・・・と考えたら、それも既にありました、「2つ買ったらプレゼント」。

私の「穴あきレードルの小さいの」は、使用しているところを目撃されるとかなり恥ずかしいので、このフォークは気になります。

果たしてスープの塩分をうまいことOFFできるのか……、いえ、このフォークとしては、そこは目的とはしていない可能性があるものの、試してみたい私です。(販売は、オンラインストアでも既に終了。「2つ買ったらプレゼント」も、残念ながら終了)


とはいえ、さすがは『カップヌードル』!と思わせてくださるのが『しお』の存在!

OFF路線の健康系である『ソルトオフ』や『ナイス』、それでは甘いと見たか、プラス路線でもっと健康を狙う『オールイン』、これだけでもすごいのですが、敢えて『しお』です。

逆張りです。

マメなリニューアルが売り(?)の『しお』は、「おいしい塩味、新しい塩味」を堂々追求中。

気になるその食塩相当量は、201912月現在ジャスト5g


って、案外とフツー…。

と言うか、レギュラーの『カップヌードル』にだって5.2g入っています。

つまり『しお』!と、このご時世にこの名前を果敢に選び取ったその心は、

絶対「塩分どっさり」っぽく見えてしまうというリスクを敢えて背負い、

でも減塩でも増塩でもなく、

あくまで最高の「塩味」を追求して行く決意です!

というその決意の、力を込めた表明なのです。(きっと)


カップ麺フタ.jpg

さて、本題の『カップヌードルコッテリーナイス 濃厚! クリーミーシーフード 』でございます。

「こってりなのに色々半分!」。

つまり、2018年度にはまだ「40%OFF」であった糖質において、「50%OFF」を見事達成し、遂に「色々半分!」と、「色々」までをも力強く謳うに至ったのです。

という記念碑的存在であるこの2019年バージョン。

しっかりと、「水」ではなくHOTで、真っ当に、食してみる必要がございます。


ところで、ここまで割と、『カップヌードル』について「よいしょ」をさせて頂いて参りました。

だから、と言っては何ですが、実はこのほど、わたくし、やっと「真っ当にHOTなナイス」を決行致しまして……。



ちゃんと半分開けて、


線のところまで熱湯を注ぎカップ麺蓋開け.jpg



再び閉じて、きっちり3分…、「べりっ」。

カップ麺中身.jpg


あ、熱(あつ)~~~~~~~~~っっ !!  ><。


猫舌でした。

でも、それはともかく……、なんか……、「水出し」のほうが……、おいしいような……。

なんつーか……、途中で飽きたし……。


こ、これはつまり、HOTで食べることにより当然、醸し出されるであろう折角の「こってり」感が、水ではどうしても抑えられ、「さっぱり好き」向けの味となってしまうから、ではないかと思われます。

敢えて「水」で食べる、というこの一種「スペシャルな体験」感も、貢献している可能性があります。


というわけですので、御安心下さい、皆様。

私は自他共に認める猫舌で薄味好きの偏食なのです。変食です。

「だから『こってり』と言っているのに、試食者としてどーよ!」という問題なのです。

となればやはり、あの某おじ様。

知人のあの方に御登場願うしかありません。


「フツーに高血圧」(?)な方です。料理は手際よく、外食も大好き。要「減塩」。

『カップヌードル』は、

「何回か食べたことはあるが、あまり食べないし、食べたいと思ったこともない」。


大丈夫でしょうか……。


でも「要『減塩』」ですし、医者からは「糖質にも注意」と言われたこともあるそうですし、『ナイス』が狙うターゲットとしてはどんぴしゃです。


というわけで、食して頂きました、『カップヌードルコッテリーナイス 濃厚! クリーミーシーフード 』。さぁ、結果は ?!?

カップ麺湯入.jpg



  • 香り:Good

        風味:バター

      とろみがよい。

      冷めにくく、熱さをしっかりキープ。

      味 :濃い。商品名に偽りなしの「こってり」。

          野菜から出るスープ出汁がGood


  • × 麺の量が少ない。




空きっ腹で食べたので、量としては物足りなかった、のだそうです。

ということは、「もっと食べたい」!

となれば、これって満点判定ではありませんかーーっっ!

(因みに、バターは入っていません)



果たしてスープは……、最後まで飲み干してしまったのかどうか、そこのところは聞き忘れましたが、最後の塩分にさえ留意すれば、なかなかのインスタント食品と言えます。

とはいえ、『カップヌードル』には全く興味の無かったこのおじ様が、その辺ではあまり売っていないこの『ナイス』を、その後、探しに行ったという話は、12月末現在、聞いておりません。



ともあれ、「一応お勧め」です。

「一応」と申しましたのは、試食者が二人とも『カップヌードル』のファンではなく、「『カップヌードル』の味だーっ!」とか「『カップヌードル』多しといえども、この『コッテリーナイス』は特にっ・・・・・・(あーだこーだ)!」とか、その辺が全くわからないからであります。


そもそも誰が食べているのか、『カップヌードル』。

私の狭い近辺では圧倒的に不人気です。

「絶対食べない、体に悪い」という意見すらあります。

いっぽう、「たまに食べたくなる味」とのお答えもちらほら。


「たまに食べたくなるので、今ではたまに『ライト』を買っている」という方、1名。

「たまにとっても食べたくなる。食べ続けると飽きる。暫くするとまた食べたくなる」という方、1名。


この「たまに」の声は、他の方からも聞きました。

やはりどうやら、「あの味」とはっきり呼べるものが、『カップヌードル』にはあるみたいです。

「あの味」が好きで「たまに『カップヌードル』」どころか「毎日だって『カップヌードル』」な方が、よく見渡せば、実はそこにいらっしゃる可能性が……。


TVドラマ的に考察してみました。

主人公の貴女は、忘れ物を取りに戻ったオフィスで、まだ残業中の課長が『カップヌードル』を流し込みつつパソコンの画面を凝視している姿を目撃し、しばしそこに佇んでしまいます。なんとなく、そそくさと、でも足音1つ立てずに、その場を後にします。

風邪で休んだ後輩のアパートに書類を届けに行ってみると、狭いキッチンのシンクに積み上がった『カップヌードル』の空き容器が、玄関から丸見え。貴女は、なんというか、ついほだされてしまいます。

この課長やら後輩やらに、何かの弾みでつい、ベジタブルでヘルシーでとってもおいしいあの1品など作ってあげてしまったら、実はこういう展開があり得ます。


「ごちそうさま。さぁ、やっと『カップヌードル』だ!」


ーーというその「『カップヌードル』の味」を知らない者としては、今は取りあえず、『カップヌードル』初心者の方々に、「インスタントなのにカロリーも糖質もそれほど多くなくて、食物繊維もちゃんと入っている食品」の1つとして、お勧めさせて頂きます、『カップヌードルコッテリーナイス』。


うちではローリングストックの一環として、缶詰やレトルトと共に常備しております。

缶詰やレトルトには負けますが、そこに加えて『ナイス』とか、あれこれあったほうが嬉しいし。

いざとなれば「水」でも旨く、「麺に味が付いたカップ麺」ですので、最悪、そのままかじれます。


そのままかじれば、猛暑の夏など、食塩相当量4.6gをフルに摂取できて便利、とも言えますが、やはりそこは塩分。

カップヌードルコッテリーナイス 濃厚! 』シリーズ御管掌の方々におかれましては、今後も更なる減塩に挑戦して頂きたく、ここに、切に、お願い申し上げます。


あ、そうそう、若かりし頃の定番であった袋入り焼きそばですが、ついでにサイトをチェックしてみましところ、その『日清焼そば』は、現在、なんと、481kcalの『焼そばカップ』の堂々上を行く490kcal

え~~~~っっっ !?!


私はキャベツを油でしっかり炒めていたかも……。

490kcalって、そんなの甘くて昔はもっと高カロリーだったのかも……。


あぁ若いって……、その代謝の良さがすばらしい。



さて、締めは、嘗てのあのCM風に……、



ちょっと HUNGRY ?

カップヌードルコッテリーナイス 濃厚! クリーミーシーフード!」



(長いな・・・・・・)

(あ、『ポークしょうゆ』と『キムチ豚骨』もあります)


                         (「簡単!栄養 and カロリー計算」 スタッフ 4番)



簡単!栄養andカロリー計算

https://www.eiyoukeisan.com/



この記事へのコメント